【撤退したらどうなる?】楽天モバイルが潰れる可能性と3つの乗り換え判断基準

不安や疑問

楽天モバイルの業績が赤字続きだけど潰れない?

楽天モバイルが撤退したらどうなる?

撤退する前にできる対策を知りたい

楽天モバイルの業績が悪くて「撤退してしまったらどうしよう」「乗り換えない方がいいのかな」といった考えが頭をよぎるはずです。


僕も楽天経済圏を活用していて、楽天モバイルは2年以上使っているので、楽天モバイルだけは改悪しないで~!
といつも思っています。

そこでこの記事では、楽天モバイルは撤退してしまうのか、撤退したらどうなるのか予想し、撤退する前にできる対策を紹介します。

結論から言うと、楽天モバイルはまだ撤退する様子はありません


これから契約しようと思っている人は安心して使って問題ないでしょう。

この記事を読めば、楽天モバイルが突然撤退した時も冷静な判断ができ、スマホ通信費を維持したまま、あなたにぴったりの格安SIMが見つかります

電波の届くエリアが99%に!

※初期費用・解約料はいつでも無料

【撤退する?】楽天モバイルが潰れると言われる理由

出典:楽天グループ決算資料(2023年度第1四半期)

楽天モバイルが今すぐに撤退する可能性はかなり低いです。
楽天モバイルの契約者数は500万人以上いて、新しいサービスやキャンペーンも次々と実施されているからです。


SNSやネットでは「楽天モバイルオワコン」「楽天経済圏が崩壊」などの声もたくさんあります。

最近では、中田敦彦さんがYoutubeで楽天の経営状況についてとてもわかりやすく解説していました。


ではなぜ、楽天モバイルは撤退すると言われているのでしょうか。

楽天モバイルが撤退すると言われている理由は次の3つです。

  1. 楽天モバイルの経営状況が悪い
  2. 回線エリアと料金プランの変化
  3. 楽天経済圏の改悪

1つずつ見ていきましょう。

楽天モバイルの経営状態

楽天グループ全体のセグメント割合

楽天モバイルの経営状況は最悪です。

2023年12月第一四半期の決算によると、2022年度の売上高は約3,510億円に対して、損失が▲約8,100億円の大赤字


楽天モバイルの経営状態はよくないですが、楽天グループ全体としてはモバイル事業の比率は約18%しかありません。

通信販売や金融系の事業で、売り上げも利益も出ているので、楽天グループが今すぐに潰れるという可能性は少ないはずです。


では、なぜ楽天モバイルが潰れると噂されているのか、もう少し詳しく見ていきましょう。

回線エリアと料金プランの変化

出典:楽天モバイル公式HP

つながりにくい状況や料金プランの改悪が、楽天モバイルの”ヤバい”と噂されている原因のひとつです。

楽天モバイルはプラチナバンドを持っていないため、一部のエリアでは電波が届きづらい状況です。

また、以前まで1GBまでは0円で使えてたプランが、2022年7月からは税込み1,078円と改悪されてしまいました。

こういった、つながるエリア問題と料金プランの改悪が楽天モバイルの経営破綻の噂につながったのです。


一方で、楽天モバイルは、2023年6月からauローミングが無制限で繋がりようになり、人口カバー率が99.9%になりました。

0円プランの廃止は、契約だけして全く使っていないユーザーも多かったので、経営者としてはまともな判断をしたともいわれています。

楽天モバイルのエリア問題は解決してるし、料金プランも業界最安水準だね!

2023年10月楽天モバイルにもプラチナバンドの割り当てが正式に承認されました!
詳しくは「楽天モバイルがプラチナバンドで変化する5つのこと」で解説しています。

楽天経済圏の変化

楽天経済圏の度重なる改悪も、楽天モバイルが潰れるんじゃないかと言われている原因です。

楽天のサービスをフル活用して、ポイントの恩恵を受けられる楽天経済圏。

実は、楽天経済圏は何度も改悪を繰り返しています

SPUの改悪

  • 2020年4月 楽天モバイルのSPU還元率が+2倍→+1倍に
  • 2020年12月 楽天カード超かんたん保険がSPU対象外に
  • 2021年4月 楽天TVなどがSPU対象外に
  • 2021年4月 楽天ゴールドカードのSPUが+4倍→+2倍に
  • 2021年6月 楽天でんきがSPU対象外に
  • 2021年11月 楽天ビューティのSPUが+1倍→+0.5倍に
  • 2022年3月 楽天カード超かんたん保険がSPUの対象外に
  • 2022年4月 楽天証券のSPU達成条件が厳しく
  • 2022年4月 楽天銀行+楽天カードの連携でSPUの達成条件が改悪
  • 2023年2月 楽天ブックス・楽天koboの月間付与ポイントが最大15,000→1,000ポイントに

SPU以外の改悪

  • 楽天プレミアムサービス終了
  • 楽天ペイのポイント還元率ダウン
  • ラクマ販売手数料値上げ
  • 公共料金支払いのポイント還元率ダウン
  • 税込価格→税抜き価格に対してポイント還元へと変更
  • 誕生日ポイント終了

え!?こんなにあるの?



楽天グループ全体で改悪が相次いでいるため、楽天モバイルもそろそろ終わりなんじゃないかと言われているわけです。


楽天モバイルのデメリットや0円プラン廃止については「楽天モバイル7つの特徴とデメリットを徹底検証」でも詳しく解説しています。

楽天モバイルが撤退したらどうなるか想定

もし、楽天モバイルが撤退したらどうなっちゃうんだろう…

前述したとおり楽天モバイルが撤退する可能性は低いよ!


だけど、万が一楽天モバイルが撤退した時のことを想定してみました!

楽天モバイル撤退したら
  • 他社競合プランが元の値段に戻る
  • 楽天端末はそのまま使える
  • 解約手数料は無料!SIMの返却も不要

ひとつずつ解説していきます。

他社競合プランが元の値段に戻る

楽天モバイルが撤退したら、他社の料金プランがだんだん値上げされると予想できます。

大手キャリアのサブブランド、ahamo・povo・LINEMOは楽天モバイルに対抗して誕生した格安プランです。

競合の楽天モバイルがなくなれば、あの手この手で改悪して、徐々に値上げしていくでしょう。


たとえば、大手キャリアのドコモは「ベーシックパック」というライトユーザー向けのプランを提供しています。

出典:ドコモ公式サイト

ベーシックパックの料金プランは以下の通り。

データ容量月額料金
1GB3,190円
3GB4,400円
5GB5,500円
20GB7,700円
金額は税込み

楽天モバイルは3GBまでなら1,078円、20GBまでなら2,178円、データ無制限で3,278円なので、ドコモ料金の割高さが目立ちます。

今は楽天モバイルにユーザーが偏らないよう、大手キャリアも格安プランを提供しています。

ですが、楽天モバイルがなくなれば、大手キャリアがもともと提供していた割高のプランに戻そうとするのは、当然のことですね。

楽天端末はそのまま使える

楽天モバイルが撤退しても、楽天で購入した端末は他のキャリアで使用できます。

ただし楽天端末はeSIM専用で、SIMカードがさせないタイプのものもありますので注意してください。

楽天モバイルの端末は以下のようなものがあります。

楽天モバイルオリジナル端末
  • Rakuten Hand 5G
  • Rakuten BIG
  • Rakuten BIGs
  • Rakuten Mini

楽天端末は他社でも使えるけど、eSIMの設定が面倒な人は買い替えるのもアリ!

解約手数料は無料!SIMの返却も不要

出典:楽天モバイル公式HP

楽天モバイルが撤退したときに、解約して他社に乗り換えをすると思いますが、楽天モバイルの解約手数料はいつ解約しても無料です。

また、スマホに挿していたSIMカードも返却しなくてOKです。

楽天モバイルを解約するときは、費用が発生したり面倒な手続きはありませんので安心してください。

>>楽天モバイル公式サイト


楽天モバイルを解約して他社に乗り換える手順は以下の通りです。

my楽天モバイルアプリの「契約プラン」を開く
各種手続き「その他のお手続き」から「各種手続きへ進む」を選択する
解約のお手続きから「他社へのお乗り換え(MNP)」を選択する
アンケートに回答しMNP予約番号を発行する
ワンタイムパスワードがメールに送信されたら入力する
MNP予約番号が発行されたら他社へ乗り換えする

MNP予約番号の発行だけではまだ楽天モバイルが解約になってないので、通常通りスマホは使用できます。

他社に乗り換えて初期設定が完了したら、楽天モバイルが自動で解約になります。

楽天モバイルが撤退したら、早めに他社乗り換えを検討しよう!


ただし、楽天モバイルを契約してすぐ解約するときは注意が必要です!

楽天モバイルの短期解約については「楽天モバイル短期解約でブラックリスト?」で実体験を紹介しています。

楽天モバイルが撤退 / 潰れそうだったらどうすればいいか

今すぐに撤退することはありませんが、楽天モバイルが撤退する可能性が大きくなったとき、どうすればいいのでしょうか。

結論から伝えると、乗り換えの判断基準は以下の通りです。

乗り換えの判断基準
  1. 料金が改悪されたら乗り換える
  2. 品質が改善しなかったら乗り換える
  3. 新プランやサービスが出なかったら乗り換える

判断基準① 料金が改悪されたら乗り換える

楽天経済圏の改悪ブームと一緒に、楽天モバイルの料金プランも改悪されたら乗り換えてもいいでしょう。

楽天モバイルの料金プランは業界最安水準ですが、他社でも料金の安いプランは登場しています。

競合他社と比べても、楽天モバイルは改悪できないほどどんぐりの背比べになっているのです。

料金比較楽天モバイルpovoahamoラインモ
1GB1,078円390円
(7日間)
2,970円990円
3GB990円
20GB2,178円2,700円2,728円
60GB3,278円6,490円
(90日間)
4,950円
100GB12,980円
(180日間)
150GB330円
(24時間)
無制限
通話料かけ放題無料
(Rakuten Link使用時)
5分かけ放題:550円
かけ放題:1,650円
5分かけ放題
無料
5分かけ放題
無料(7か月間)
詳細楽天モバイル
公式サイト
povo
公式サイト
ahamo
公式サイト
LINEMO
公式サイト
金額は税込み

現状は楽天モバイルの料金、特に大容量プランは他社でも手出しできないほどお得な料金になっています。

月3GB以上のデータ通信を使う人は楽天モバイルが一番安いね!

判断基準② 品質が改善しなかったら乗り換える

楽天モバイルの通話や通信品質が改善されなかったら、すぐに乗り換えましょう。

スマホは生活に欠かせない存在で、日常生活でつながらなかったら不便だからです。


とはいえ、楽天モバイルは2020年4月に通信事業を開始してから、何度も品質改善を行ってきました。

2024年にはプラチナバンド提供開始に向けてアンテナの増設をしている最中です。


また、住んでいる地域でどうしても電波がつながらなかったら、楽天モバイル公式サイトから電波改善依頼を出すこともできます。

電波改善には前向きの楽天モバイル。
もし、この電波改善に関する方針が変わったら乗り換え時でしょう。

判断基準③ 新プランやサービスが出なかったら乗り換える

新しい料金プランやサービス・キャンペーンが登場しなかったら、乗り換えを検討してもOKです。

新プランやサービスが出ないということは、現状維持でこの先発展する見込みがないからです。


楽天モバイルは過去に様々なキャンペーンやサービスを展開してきました。

もう終了してしまいましたが、2020年の1年間基本料金無料キャンペーンや、1GB未満で基本料金0円サービスは今までにない驚きのサービスでしたね。

  • Rakuten Mini本体価格1円キャンペーン(~2021/12/21)
  • Rakuten UN-LIMIT VI+製品購入でポイント還元キャンペーン(~2021/10/5)
  • 楽天市場の大感謝祭連動企画 Rakuten UN-LIMIT VIのお申し込みで楽天市場でのお買い物ポイント+9倍キャンペーン(~2021/12/26)
  • 家族5人紹介で、みんなで最大15,000ポイントプレゼントキャンペーン(~2021/12/22)
  • 【楽天ママ割メンバー・楽天学割メンバー限定】エントリー後、楽天モバイル新規オンライン申し込みで1,000ポイントプレゼントキャンペーン(~2021/11/30)
  • 楽天市場のブラックフライデー連動企画 Rakuten UN-LIMIT VIのお申し込みで楽天市場でのお買い物ポイント+9倍キャンペーン(~2021/11/23)
  • 家族5人紹介で、みんなで最大25,000ポイントプレゼントキャンペーン(~2021/11/8)
  • iPhone 13 全機種 ポイント還元キャンペーン(~2022/6/30)
  • 他社から乗り換え(MNP)限定!iPhone SE(第3世代)発売記念キャンペーン(~2022/6/30)
  • 激トク乗り換え!Androidスマホ割引キャンペーン(~2022/6/30)
  • Rakuten WiFi Pocket 2 本体価格1円キャンペーン(~2022/6/30)
  • 楽天モバイル(楽天回線)初めてのお申し込みで2,000ポイントプレゼント(~2022/12/1)
  • 「Rakuten UN-LIMIT VI」プラン料金3カ月無料キャンペーン(~2022/2/8)
  • iPhoneアップグレードプログラム適用で5,000ポイント還元キャンペーン(~2023/5/31)
  • 楽天モバイルお申し込みで、楽天ペイのお支払い金額1.5%還元(~2023/4/3)
  • 楽天モバイル初めてのお申し込みで2,000ポイントプレゼントキャンペーン(~2023/3/1)
  • Android利用者限定 YouTube Premium 3カ月無料キャンペーン
    など

今まで頻繁に開催されていたキャンペーンも、開催頻度が落ちたら乗り換えを検討するタイミングですね。

お得なキャンペーンが実施されなくなったら、楽天モバイルも潮時ってことだよ!

楽天モバイル撤退・ローミング終了後の格安プランの選び方

楽天モバイルが万が一撤退したときにどの格安SIMに乗り換えたらいいんだろう?

楽天モバイルが倒産した時のために、いくつか乗り換え先の格安SIMの候補をもっておくと安心できます。

どれを選んでいいかわからない人は、楽天もモバイルの特徴から次の3つの基準で選んでみましょう。

乗り換え先の選び方
  • データ使い放題がある格安SIMを探す
  • 通話かけ放題が無料でついている格安SIMを探す
  • 全体的にコスパの良い格安SIMを探す

それぞれ具体的な格安SIMを挙げながら紹介します。

データ使い放題プランがある格安SIMを探す

楽天モバイルはデータ無制限で月額3,278円と破格の料金でした。

このデータ無制限を最大限活用していた人も多いのではないでしょうか。

楽天モバイルでデータ容量をたくさん使っている人は、データ使い放題のあるプランがおすすめです。

データ使い放題だったら、ギガの減りを気にしなくても平気だね!

格安SIMでデータ使い放題のプランは次のものがあります。

ドコモ・au・ソフトバンクすべての回線から選べる「mineo(マイネオ)

出典:マイネオ公式HP
月額料金データ容量回線の種類
1,298円→990円
1,518円→990円
1,958円→990円
2,178円→990円
※6か月間990円キャンペーン中
1GB
5GB
10GB
20GB
ドコモ
au
ソフトバンク
通話料金初期費用解約料
22円/30秒
通話アプリ:10円/30秒
3,740円
契約事務手数料
SIM発行料
0円
金額は税込み
マイネオがおすすめ理由

・すべてのキャリア回線からつながりやすいSIMを選べる

・パケット放題Plusで中速(1.5Mbps)使い放題

・オンラインだけじゃなく店舗でも相談できて安心

・余ったギガを貯めたり分けたりして自由に使える

マイネオは他の格安SIMにはない画期的なオプションが多数あります。

マイネオは月額385円のパケット放題Plusで低速データ通信し放題にできます。

10GB以上のコースには無料オプションでついていますが、通信速度は1.5Mbpsなので高画質の動画視聴などは少し重たいかもしれません。

また、月額990円で夜間(22:00~7:00)データ使い放題のオプションもあります。

高速通信でテザリングにも使えるので、夜にたくさんスマホを使う人にはおすすめです。

3キャリア回線全て選べる

契約期間の縛りなし

マイネオについては「リベ大のおすすめ格安SIM」で、実際の利用者に使用感をインタビューしています。

通話かけ放題が無料でついてる格安SIMを探す

楽天モバイルのメリットと言えば、通話アプリRakuten Linkで通話が無制限かけ放題になること。

通話し放題の恩恵を受けていた人は、通話かけ放題のプランがある格安SIMを探しましょう。

通話オプションに強みのある格安SIMは次の3つ!

  • 日本通信SIMのひと月70分間通話し放題(3GB・10GB・20GBプラン)
  • ahamoの国内通話5分間無料
  • LINEMOのLINE通話データフリー&5分以内の国内通話が7か月間無料

無料通話が嬉しい!低コスト高品質の「日本通信SIM

出典:日本通信SIM公式HP
月額料金290円1,390円2,178円
データ使用量1GB6GB30GB
データ追加料金220円/GB
国内通話11円/30秒・ひと月70分まで無料
・5分以内の通話をかけ放題

※どちらか好きな方を選択
回線の種類ドコモ
データ超過後の
通信速度
短いテキストメッセージが
送れる程度の速度

※具体的な速度は非公開
支払い方法クレジットカード
金額は税込み
日本通信SIMがおすすめな理由

・安心のドコモ回線

専用アプリ不要で通話料が安い

・余計なオプションが不要で設定が簡単

・1GBのプランが業界最安値でサブ回線にも最適

70分通話オプションが無料でついてくるプランがおすすめ!

Rakuten Linkの通話し放題よりは劣りますが、月70分あれば多くの人は通話時間を気にせずに通話できます。

月70分も使わない人は、5分以内の国内通話が何度でも無料になるオプションに交換できるのも嬉しいポイント。

1GBのプランには70分の無料通話オプションはついていませんが、月額700円でオプションを追加できます。

全体的にコスパの良い格安SIMを探す

楽天モバイルの料金プランは業界最安クラスですが、もっと安い料金で通信品質もいい”コスパの良い”格安SIMもあります。

通信費をおさえて、つながりやすさも妥協したくない人は安さと品質の両方を実現している格安SIMを選びましょう。

次の格安SIMは料金が楽天モバイルよりも安く、評判も高いからおすすめです!

音声通話SIM
料金比較
1GB2GB3GB5GB7GB10GB15GB20GB
IIJmio
公式サイト
850円990円1,500円1,800円2,000円
HISモバイル
公式サイト
550円770円990円2,190円
NUROモバイル
公式サイト
792円990円1,475円2,699円
楽天モバイル
公式サイト
1,078円2,178円

各社料金プランが複雑でテトリスみたいになっていますが、どの格安SIMも月額料金では楽天モバイルよりも安いです。

なかでも、IIJmio法人契約者数No.1の格安SIMで、あまり有名ではないですが高品質な通信環境を長年提供している老舗ブランド。

eSIMプランならIIJmioが安くて一番お得なので、ぜひ公式サイトで自分に合うプランがないか確認してみてください。

楽天モバイルユーザーにおすすめの格安SIM2選

楽天モバイルを使っている人に相性のいいおすすめの格安SIMを2つ紹介します。

  • 通話時間を気にしなくていい
  • データ容量をたくさん使う
  • お得なキャンペーンを頻繁に開催

上記の点で厳選しましたので、どれを選べばいいか迷っている人は参考にしてみてください。

おすすめ
格安SIM
ahamoラインモ
回線ドコモソフトバンク
容量・
月額料金
20GB:2,970円
100GB:4,950円
3GB:990円
20GB:2,728円
特徴5分かけ放題付きLINEギガフリー
申し込みahamo
公式サイト
LINEMO
公式サイト
※料金は税込表示

シンプルで初心者向け!王道のドコモ回線「ahamo(アハモ)

出典:ahamo公式HP
月額料金2,970円4,950円
→実質2,970円キャンペーン中
※2月中のエントリーで
1,980ポイントもらえる
データ使用量20GB100GB
データ超過後の
通信速度
最大1Mbps
データ追加料金550円/GB
国内通話5分間無料
(超過分:22円/30秒)
支払い方法クレジットカード
口座振替
金額は税込み
ahamoがおすすめな理由

・プランがシンプルで余計なオプションもなく初めてでもわかりやすい

5分以内の通話無料プランが標準でついている

・dポイントと連携してザクザク貯まる

・データ超過後も通信速度がそれなりに早い

楽天モバイルだけでなく、大手キャリアから格安SIMに乗り換えたい人にもおすすめのahamo。

通信速度が安定しているだけでなく、日本全国ほぼすべてのエリアでつながるので、通信品質に不安がある人でも安心して利用できます。

5分以内の通話が無料!

契約手数料・解約料0円

LINEのデータ使い放題!PayPayも連携できる「LINEMO(ラインモ)

出典:LINEMO公式HP
月額料金990円2,728円
データ使用量3GB20GB
データ超過後の
通信速度
最大300kbps最大1Mbps
データ追加料金550円/GB
国内通話5分間無料
※契約から7か月間
(超過分:22円/30秒)
支払い方法クレジットカード
口座振替
PayPay
金額は税込み
LINEMOがおすすめな理由

LINEがデータフリーで使える

LINEからプラン変更や料金の確認ができる

5分以内の国内通話が7か月間無料キャンペーン中

・月額990円のミニプラン3か月間実質無料キャンペーン中

わかりやすい料金プランで安くスマホを使いたい人におすすめのLINEMO。

LINEアプリのデータ消費はゼロ、LINEスタンプ使い放題など様々なメリットがあり、ミニプランなら実質3か月間無料で利用できます。

実質3か月間無料キャンペーン中

https://www.linemo.jp/

楽天モバイルが撤退する可能性についてよくあるQ&A

Q&A
楽天モバイルが撤退する可能性はある?
2023年6月現在、撤退する様子はありません。

今後の業績悪化や、楽天サービスの改悪で撤退することも考えられます。
急な撤退は考えられませんが、楽天モバイルユーザーは動向をこまめに観察しておきましょう。

楽天モバイルが撤退する可能性についてはこちらのパートでも解説しています。
楽天モバイルが撤退したらユーザーはどうすればいい?
他の格安SIMに移行する必要があります。

my楽天モバイルのアプリからMNP予約番号を取得し、別の格安SIMに契約してください。
格安SIMの乗り換え手順は「格安SIMへ乗り換える手順9ステップ」で詳しく解説しています。
撤退したら楽天モバイルの端末や回線は使える?
楽天モバイルの端末は他社でもそのまま使えますが、楽天回線はつながらなくなります。

Rakuten Handなどの楽天オリジナル端末はeSIM専用端末なので、SIMカードが挿入できません。
格安SIMによってはeSIMに対応していない会社もあるので、注意してください。
楽天モバイルの解約手数料やSIMの返却はどうなる?
楽天モバイルは解約料0円で、SIMカードの返却も必要ありません。

撤退する/しないにかかわらず、いつ解約しても料金は発生しないので安心してくださいね。

まとめ:楽天モバイルの動向をウォッチして適切なリスク管理をしよう

今回紹介した「楽天モバイルが撤退する可能性と乗り換えの判断基準」を実践すれば、楽天モバイルが撤退した時も冷静に判断できます。


最後にもう一度、内容を確認しておきましょう。

まとめ
  • 楽天モバイルが撤退する可能性は低い
  • 楽天モバイルが撤退したらスマホ料金プランは高くなる
  • 現状維持は危険信号!早めに乗り換えを検討しよう
  • 乗り換えの際は楽天モバイルの特徴と似たサービスを選ぼう


大手キャリアの仲間入りしたばかりの楽天モバイルが撤退するはずない」と思った人もいるかもしれません。

緊急事態やトラブルは想定外のことから起こり、いざ起こってしまうと冷静に判断できない事実も知っておいてください。


楽天モバイルユーザーにもおすすめの格安SIMは次の2社です。

ahamoラインモ
回線ドコモソフトバンク
容量・
月額料金
20GB:2,970円
100GB:4,950円
3GB:990円
20GB:2,728円
特徴5分かけ放題付きLINEギガフリー
申し込みahamo
公式サイト
LINEMO
公式サイト
※料金は税込表示

万が一楽天モバイルが撤退した時のために、次に取る選択肢を持っておくことは重要です。

どうしても心配な人は、今のうちに撤退する可能性の低い格安SIMに乗り換えておきましょう

最後まで読んでいただきありがとうございました!


時間があれば、今回紹介したおすすめ格安SIMを使ってみた感想も読んでみてください。

かなり気合入れてレビューしました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です