今から乗り換え?改悪した楽天モバイル7つの特徴とデメリットを徹底検証

楽天モバイルが改悪って言ってるけど何がダメなの?

今から楽天モバイルを契約するのはアリ?ナシ?

楽天モバイルの特徴を知りたい!

こんな悩みを解決できる記事になっています。


本記事で解説する「楽天モバイルの特徴とデメリット」を契約前に理解すれば、あなたにはどんな格安SIMが合っているか確信するはずです。

なぜなら、僕自身さまざまな格安SIMを使っていますが、事前に情報を確認してから実際に使ったもので後悔したことがないからです。

それでは、今から乗り換えを検討している人向けに楽天モバイルの特徴とデメリットについて紹介しますね。

契約期間の縛りなし解約0円

この記事がおすすめな人

  • 格安SIMが気になっているけどどれがいいか迷ってる
  • 契約前にスマホの格安プランをリサーチしたい
  • 通話し放題でお得な格安プランが気になっている
  • 楽天モバイルのCMや評判を聞いて興味を持った
  • 格安SIM選びに妥協したくない
  • 今使ってるスマホプランを見直したい

楽天モバイルの改悪とは【1GB未満で0円廃止】

楽天モバイルの旧プラン【Rakuten UN LIMIT VI(シックス)】は月のデータ使用量が1GB未満なら月額0円でした。
しかし、新プランの【Rakuten UN LIMIT VII(セブン)】では1GB未満でも月額1,078円~となりました。


この改悪があってから、利用者からは様々な悲痛な声が上がりました。

https://twitter.com/eaMfiLfwOyrdhix/statuses/1531128135541874690?s=20&t=N2BCKLisJlcN5BTryGccKg
https://twitter.com/monmon11_kango/statuses/1525807876429606913?s=20&t=N2BCKLisJlcN5BTryGccKg

楽天モバイルをすでに利用している人は、8月31日まで1GB未満で0円プランが適用され、10月31日まではポイント還元で、実質0円となります。

今から楽天モバイルを契約する人も、9月1日〜10月31日までは1,078円かかりますが、楽天ポイントが還元されて実質0円で利用できます。

なので、本当に1,078円負担になるのは11月1日からです。


この改悪が今から契約する人にどんな影響があるのでしょうか。

そもそも楽天モバイルにはどんな特徴があるのでしょうか。

楽天モバイル契約前に特徴とデメリットをしっかり確認しておきましょう。

【ここが人気】楽天モバイルの7つの特徴

「スマホの格安プランや格安SIMって色々ありすぎて、何がいいのか分からない!」っていう人も多いですよね。

楽天モバイルは大手キャリアの格安プランにはない7つの特徴があるので、ぜひ知っておきましょう。

  1. 使ったデータ量で料金が自動的にで決まる
  2. データ量が多い場合は他社よりもかなり安い
  3. 楽天リンクで通話料金が無料 
  4. 楽天独自の電波を持っているため回線が安定してる
  5. 実店舗でのサービスが受けられる
  6. キャンペーンがめっちゃお得
  7. 楽天市場のポイントがザクザク貯まる

1つずつ解説していきますね。

特徴1.使ったデータ量で料金が自動的に決まる

出典:楽天モバイル公式HP

楽天モバイルの料金プランはデータ使用量に応じて毎月自動で変動します。

データ使用量に応じて月額料金が自動で変わるため、データが余り過ぎたり、足りなくなったりといった心配がありません。

データ使用量と月額料金は次の表のようになっています。

データ使用量月額料金
(税込み)
0~3GB未満1,078円
3~20GB未満2,178円
20GB~無制限3,278円

プランが1種類しかないから選ぶ手間も省けるね!

特徴2.データ量が多い場合は他社よりもかなり安い

楽天モバイルは20GB未満のデータ量での月額料金は平均的ですが、20GB以上使用する場合は他社と比べてかなりお得です。

特に格安SIMや大手格安プランは大容量のプランの選択肢が少ないですが、楽天モバイルは楽天回線がつながればデータ無制限で使い放題となります。(月額3,278円)

他社の大容量プラン

割引適用後4,928円/月

テザリング上限 30GB/月

割引適用後 4,928円/月

テザリング上限 30GB/月

割引適用後 4,928円/月

テザリング上限なし

上限100GB 4,950円/月

60GB 6,490円/60日
→1か月あたり 30GBで3,245円

150GB 12,980円/180日
→1か月あたり 25GBで約2,163円

上限25GB 3,828円/月

上限25GB 4,158円/月

大容量プランは楽天モバイルが圧倒的にお得!

特徴3.楽天リンクで通話料金が無料 

楽天モバイルは通話専用アプリ「Rakuten Link」を使って通話をすれば、通話し放題で月額無料です。

通話し放題で無料は他社プランにはない強みです。

その代わり、

  • つながりにくい
  • アプリが使いにくい
  • iPhoneユーザーだと着信履歴から折り返しができない

などの声もありますが、私は問題なく使えています。
※端末やアプリのアップデートをしていれば問題にならないことが多いです。

通話時間が長い方は楽天モバイル一択です!


楽天モバイルの通話料無料と、マイネオの中速通信し放題プランを組み合わせれば、コスパ最強のデュアルSIM運用ができます。
詳細は「【楽天モバイル×マイネオ】併用のやり方とデュアルSIM設定ポイントを解説」で詳しく解説しています。

特徴4.楽天独自の電波を持っているため回線が安定してる

楽天モバイルは楽天独自の電波基地局を持っています。

そのため、通信が込み合うことが少なく、回線が安定しています。


他の格安SIMはdocomoやau、ソフトバンクの回線を借りて通信のやり取りをしています。

その為、利用者が多い時間帯は回線が混雑し、速度が低下することが多いです。

特に平日お昼の時間帯と、夕方は速度が遅くなることが多いね💦


対して、楽天モバイルは独自の回線で通信を行っているので、通信速度に関しては大手キャリアとそん色なく使えます。
(楽天回線が繋がらないエリアではau回線を使っています)

特徴5.実店舗でのサービスが受けられる

楽天モバイルは格安SIMでは珍しく、実店舗出のサービスが受けられます。

2022年8月現在は全国に600店舗以上あります。

受けられるサービスは店舗によって異なるので、お店に行く前に公式ホームページで店舗検索をしましょう。

また、店舗で契約する場合は、受けられるキャンペーンが減ってしまうことがあるので注意してください。

とはいえ、端末を直接触れたり、スマホがつながることろまで直接サポートしてもらえるのはとても便利です。

特徴6.キャンペーンがめっちゃお得

2022年9月現在、楽天モバイルではとてもお得なキャンペーンを実施中です。

  • 楽天市場でのお買い物でポイントが最大16倍
  • 対象のiPhone乗り換えで、最大24,000円分のポイント還元
  • Youtubeプレミアム3か月間無料

これほど多くのキャンペーンがあるのは楽天モバイルだけです。

キャンペーンの適用条件として、「初めて申込みの方限定」となっていることが多いのでよくご確認しよう。


楽天モバイルは契約手数料、SIM発行手数料、解約料が全て無料ですので、お試しで申し込むことも可能です。

特徴7.楽天市場のポイントがザクザク貯まる

楽天モバイルに契約していると、楽天ポイントがザクザク貯まります

楽天モバイルでは楽天ポイントがもらえるキャンペーンのほかに、契約しているだけで楽天市場でのポイント倍率がアップするプログラムも実施されています。

この様に私の場合は他のプログラムと合わせて常にSPU(スーパーポイントアッププログラム)が+8.5倍となっています。

また、楽天ポイントは1ポイント=1円で楽天モバイルの利用料金等に交換することができます。

楽天ポイントを貯めやすくして、そのポイントで楽天市場での買い物や楽天モバイルの利用料金の支払いにあてれば、好循環になります。

楽天経済圏の人には嬉しいよね!

【結論】楽天モバイルがおすすめな人

楽天モバイルの特徴を確認したうえで、結論どのような人におすすめなのかをまとめました。

楽天モバイルがおすすめな人
  • 楽天回線がつながるエリアに住んでいる
  • 楽天のサービスをよく使用している
  • 今までまだ楽天モバイルに契約したことがない
  • 通話時間を気にしないで通話を楽しみたい
  • データ使用量が月によって変動する
  • テザリング等でデータ通信を月30GB以上使用する

【改悪続き】楽天モバイルのデメリット5選

楽天モバイルの特徴を知ったところで、次にデメリットと言われる点についても確認しておきましょう。

デメリットは次の5点です。

  1. 楽天回線エリアが限られていて、つながりにくい地域もある
  2. パートナー回線は月額5GBまでしか使えない
  3. 1日10GB以上使用すると速度制限がかかる
    →2022年10月に撤廃されました
  4. 今後も楽天サービスの改悪の可能性がある
  5. キャンペーンでもらえるポイントにタイムラグがある

デメリット1.楽天回線エリアが限られていて、つながりにくい地域もある

楽天モバイルは独自の基地局を持っていますが、通信業界に参入したのが最近(2019年)からなのでまだ通信エリアは限定されています。

また、公式で楽天回線がつながるエリアと称されていても、つながらないこともあります。

これは、楽天回線が他のキャリアと違ってプラチナバンドを使っていないため、建物に弱い電波を使っていることが影響してます。

なので、データが使い放題でスイスイつながるエリアは一部のエリアのみになります。

2023年10月楽天モバイルにもプラチナバンドの割り当てが正式に承認されました!
詳しくは「楽天モバイルがプラチナバンドで変化する5つのこと」で解説しています。

デメリット2.パートナー回線は月額5GBまでしか使えない

楽天回線につながらないエリアはパートナー回線(au回線)となり、パートナー回線は月に5GBまでのデータ容量となります。

パートナー回線では月5GBまで高速通信が使えますが、5GBを超えると低速通信(1Mbps)となります。

5GBだと動画をよく見たり、スマホゲームをしたりする人はすぐ使い切っちゃいそう・・・

でも、低速通信1Mbpsでも結構早いから普通の動画視聴やネットサーフィンは問題なくできるよ!


具体的には通信速度1Mbpsでも次の用途ならほぼ問題になりません。

1Mbpsでも利用できる通信

・メールやLINEの送受信

・TwitterなどのSNS閲覧

・標準画質以下の動画視聴

・画像の少ないネットサーフィン

・地図アプリの使用

デメリット3.1日10GB以上使用すると速度制限がかかる

楽天回線エリアではデータ制限がなく、通信し放題です。

ですが、実際には1日10GB以上利用すると通信速度が1Mbpsに制限されてしまいます。

【最新情報】
1日10GBのデータ制限はこっそり撤廃されました!

1日10GBというとかなりのデータ量で、スマホヘビーユーザーの方でも超過してしまうことは少ないと思いますが、注意が必要です。

10GBでできること目安

・ニュースサイトの閲覧:33,000ページ

・メールの送受信:20,000通

・地図アプリの使用:1,600時間

・標準画質の動画視聴:20~30時間

楽天回線エリアでも、完全通信し放題ではないけど、そんなに気にする必要ないよ!

デメリット4.今後も楽天サービスの改悪の可能性がある

楽天モバイルの事業は超赤字(1,350億円)です。

この赤字を補うかのように、楽天サービスは次々と改悪を続けています。

楽天サービスの改悪例

楽天サービスの改悪例

・楽天ゴールドカードのSPU率引き下げ

・楽天超簡単保険の月払い廃止

・楽天ペイのポイント付与率引き下げ

・ラクマ販売手数料値上げ

・楽天でんき、楽天マガジンなどのSPU対象除外

これらの改悪をみると、楽天モバイルも今後改悪対象になる可能性は十分あり得ます。

とはいっても、楽天モバイルがSPU対象から外れたりしたら、それこそユーザーは激減するはず。

また、楽天モバイルはいつ解約しても解約手数料は無料です。

ユーザーにとって追い打ちをかけるような改悪があった場合は、迷うことなく解約しましょう。

デメリット5.キャンペーンでもらえるポイントにタイムラグがある

楽天モバイルでは超お得なキャンペーンを頻繁に実施しており、楽天ポイントがもらえることがよくあります。

ユーザーにとっては嬉しいことですが、楽天ポイントがもらえるのはキャンペーンのおよそ2か月後になります。

🌀 今すぐ使いたいときにもらえない
🌀 忘れたころにポイントが還元される

などのことがよくあるので注意しましょう。

【乗り換える前に】楽天モバイルに関する質問と回答

いざ、楽天モバイルを契約しようとなると、色んな疑問が出てくるはずです。

ここでは楽天モバイルに関するよくある質問にまとめてお答えします。

おおむね正しいですが、稀に楽天回線エリアでもつながらないことがあります。

建物などの障害の影響で電波が届かないことが原因の場合もあります。

楽天モバイルは無料で契約できて、解約も無料です。

契約後に楽天回線エリアなのに全くつながらないことがあったら、すぐに解約しましょう。

楽天モバイル公式サービスエリア

iPhoneでも使えます。

ただし、iОS14以上(iPhone8以降)の機種が動作保障対象となります。

また、iPhoneでは通話アプリの「Rakuten Link」が発信専用となっており、着信は通常通話アプリになってしまうので注意が必要です。

着信があった相手に通話をするときは、いちいちRakuten Linkに切り替えて通話しないといけません。

楽天モバイルに申し込む方法は2つあります。

1つはWEBから申し込めます。

もう1つは店舗でも申し込めます。

どちらも完全無料となりますが、WEBから申し込んだ方がキャンペーンで楽天ポイントがもらえるのでおすすめです。

初期設定も詳しい動画解説がありますので参考にしてみてください。

楽天モバイル公式サポート動画一覧

楽天モバイルのプランは「Rakuten UN LIMIT Ⅶ」1つだけです。

データ容量に応じて自動で月額料金が変わりますので、プランを選ぶ手間がかかりません。

別途オプションとして、標準通話アプリからの15分間通話し放題(月額1,100円)プランもあります。

まとめ 楽天ユーザーは楽天モバイルも乗り換え候補としてあり

今回紹介した「楽天モバイルの特徴やデメリット」を事前に理解しておくことで、格安SIMを選ぶときの選択肢がグッと広がります。

楽天モバイルの場合は、メリットとデメリットの差が大きく、スマホの使い方や普段のお買い物などの影響に大きく左右されます。


それでは、もう一度内容の確認をしましょう。

  • 楽天モバイルはメリットも多いが、デメリットも多い
  • 通話やデータ通信が多くて初めて利用する場合は楽天モバイルもあり
  • 契約と解約に費用が発生しないので、お試しで利用できる

デメリットをしっかり確認しないと、「こんなはずではなかった!」という人も出てきてしまいます。

でも、今回の記事を確認したなら大丈夫。

スマホ業界に新規参入してきた楽天モバイルは、スマホ業界の価格帯をぶっ壊しました。

不安定な部分もありますが、新規契約者数を伸ばしていることも事実です。

ぜひご検討してみてください。

データ無制限3,278円

契約手数料・SIM発行料・解約料すべて0円

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

今回の記事がみなさまの役に立ったら幸いです。


私も普段楽天モバイルを愛用していますし、デメリットを理解していればとてもコスパの良いサービスだと思います。

あなたのスマホライフが充実することを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です